top of page
  • 事務局

介護保険最新情報vol1164 令和5年7月豪雨に伴う避難所等における心身機能の低下の予防及び認知症高齢者等に対する適切な支援について

避難生活では、生活の不活発化による心身機能の低下(生活不活発病)が発症しやすくなります。これを予防するためには、避難生活においても、生活を活発にすることが重要です。 厚生労働省から、生活不活発病を予防するための取組や、避難所における認知症の方やそのご家族の配慮や支援等について、資料が公表されていますので、適切な支援に結び付けましょう。 以下の資料は「介護保険最新情報vol1164」からダウンロードできます。

・生活不活発病予防(避難所用)リーフレット

・生活不活発病予防(被災地域生活者用)リーフレット

・生活不活発病予防チェックリスト

・生活機能低下予防マニュアル~生活不活発病を防ぐ~

・ 避難所での認知症の人や高齢者の健康管理

・避難所での認知症の人と家族支援ガイド


1164
.pdf
Download PDF • 4.16MB

最新記事

すべて表示

高齢者施設等における令和5年秋開始接種進捗状況の実態調査 ② の 結果 及び令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種について

本情報のうち、令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種についてお知らせいたします。 【接種の対象者】 令和6年度以降に行う定期接種の対象者は、65歳以上の高齢者とともに、比較的疾病負荷の高い60歳から64歳までについても、一定の基礎疾患を有する者の重症化リスクも国旅することとし、その対象者については、予防接種法上、重症化予防を目的とした接種を行う季節性インフルエンザワクチン等における接種の対象者と

bottom of page