top of page
  • 事務局

介護保険最新情報vol1129 厚生労働大臣が定める介護支援専門員等に係る研修の基準及び介護保険法施行令第37条の15第2項に規定する厚生労働大臣が定める基準の一部を改正する告示及び適用について

令和5年2月17日、「厚生労働大臣が定める介護支援専門員等に係る研修の基準の一部を改正する告示」が示され、令和6年4月1日から適用することとされました。


主な改正内容は以下のとおり。


・介護支援専門員・主任介護支援専門員にかかる法定研修について、権利擁護・意思決定支援の視点の強化、適切なケアマネジメントの手法に関する内容の追加を行う。

・法定研修終了後の継続研修(法定外研修・OJT等)を前提に、上記科目を追加してもカリキュラム全体の時間数が増えないよう、既存科目の時間配分の見直し

・主任介護支援専門員研修について、現行の「ターミナルケア」に、適切なケアマネジメント手法に関する知識・技術を習得するための内容を盛り込む。

・主任介護支援専門員更新研修において、実践の振り返りと指導及び支援の実践までのいずれかの科目において、リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例を用いた演習を行う




本件の詳細

1129
.pdf
Download PDF • 1.38MB


最新記事

すべて表示

高齢者施設等における令和5年秋開始接種進捗状況の実態調査 ② の 結果 及び令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種について

本情報のうち、令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種についてお知らせいたします。 【接種の対象者】 令和6年度以降に行う定期接種の対象者は、65歳以上の高齢者とともに、比較的疾病負荷の高い60歳から64歳までについても、一定の基礎疾患を有する者の重症化リスクも国旅することとし、その対象者については、予防接種法上、重症化予防を目的とした接種を行う季節性インフルエンザワクチン等における接種の対象者と

bottom of page