top of page
  • 事務局

介護保険最新情報vol1068 令和3年度仕事と介護の両立支援カリキュラム策定展開事業の実施結果について(情報提供)

厚生労働省は、就労している家族介護者の介護離職を防止するために、「介護保険サービス」や「介護休業制度」等をうまく組み合わせて、家族介護者の勤務実態を踏まえたケアプランを作成する必要があるとして「仕事と介護の両立に関する研修カリキュラム」を作成し、各自治体により、本カリキュラムにに基づく研修会が実施されました(任意参加)。 本カリキュラム内容は、今後予定されている介護支援専門員の法定研修のカリキュラム改正においても盛り込まれる予定であり、厚生労働省は各都道府県や市区町村、関係団体等に主旨や概要を周知しています。 本研修会のカリキュラム等は、厚生労働省のホームページで公開されていますので、興味がある方はご確認ください。

本件の詳細(介護保険最新情報vol1068)

1068
.pdf
ダウンロード:PDF • 132KB



最新記事

すべて表示

介護保険最新情報vol1286「介護サービス計画書の様式及び課題分析標準項目の提示について」の一部改正について

これまで、福祉用具貸与について、「居宅サービス計画書」と「福祉用具貸与実績報告書」の記載内容が統一されていなかったことから、今般、様式の一部が改正され、2025年(令和7年)4月から施行されることになりました。 正誤表や詳細はこちら https://www.mhlw.go.jp/content/001271371.pdf

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page