• 事務局

老人福祉施設等の職員等に対するアレルギー疾患に関する正しい知識の普及について

今般、「アレルギー疾患対策基本法」(平成26年法律第98号)に基づき策定された「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針」(平成29年厚生労働省告示第76号。以下「基本指針」という。)が改正されました。



 改正後の基本指針第5(1)エにおいて、国は、「老人福祉施設、障害者支援施設等に対しても、職員等にアレルギー疾患の正しい知識が普及されるよう、職員等の研修受講等について必要な周知を行う。」とされたことから、「アレルギー相談員養成研修会」及び「アレルギーポータル」について、周知が行われました。



○アレルギー相談員養成研修会 開催案内

※下記URLで、2022年度に開催される研修会について情報提供がされる予定です。

(一般社団法人日本アレルギー学会 ウェブサイト)

https://www.jsaweb.jp/modules/news_topics/index.php?content_id=586


○アレルギーポータル

https://allergyportal.jp/


○アレルギーポータル パンフレット

https://allergyportal.jp/wp/wp-content/themes/allergyportal/assets/pdf/ap_leaflet.pdf


本件の詳細(32枚)

【事務連絡】老人福祉施設等の職員等に対するアレルギー疾患に関する正しい知識の普及について
.pdf
Download PDF • 2.17MB












タグ:

最新記事

すべて表示

厚生労働省では、介護支援専門員の法定研修カリキュラムの改正を予定しており、その準備のために「介護支援専門員の資質向上に資する研修等のあり方に関する調査研究事業」を実施しています。 今般、本研究事業の成果物が取りまとまり、公表されましたので参考になさってください。 なお、本成果物は正式なカリキュラムやガイドラインを示したものではなく、これらを踏まえ、今後、正式なカリキュラムやガイドラインの改正が行わ