top of page
  • 事務局

続報:介護職員処遇改善支援補助金  令和4年2月スタート

介護職員1人当たり月額9,000円の賃上げに相当する額(令和4年2月~9月分)が補助される「介護職員処遇改善支援補助金」


この決定を受け、2月からの賃金アップについて検討・準備をされている事業所が多いことと思います。

しかし、賃金を上げた後、9月以降はどうなるの?という声もありました。


この件について、令和4年10月以降も「臨時の報酬改定を行い、収入を3%程度(月額平均9,000円相当)を引き上げる措置を講じる」という方向性が示されています。(令和3年12月12日 大臣折衝事項にて)


これにより、10月以降も「介護職員処遇改善支援補助金」と同様の措置とする案について、現在、社会保障審議会介護給付費分科会にて議論が行われていますので、資料を掲載します。


介護サービス事業所・施設においては、こうした状況も踏まえて、本年2月からの介護職員の処遇改善を行っていただくようお願いいたします


第1報はこちら





本件の詳細及び介護給付費分科会資料

【事務連絡】令和4年10月以降の介護職員の処遇改善に係る措置について
.pdf
Download PDF • 404KB




最新記事

すべて表示

厚生労働省では、介護予防・日常生活支援総合事業や生活支援体制整備事業等(総合事業等)の実施や総合事業等を通じた地域づくりを推進するため、全国研修(オンデマンド研修)を実施しています。(事務局 株式会社日本能率協会総合研究所) 参加対象者は以下のとおりです。 ・地域包括ケアに携わる都道府県・市区町村職員 ・地域包括支援センター職員 ・生活支援コーディネーター等関係機関の職員 ・その他関係者 対象とな

これまで公益社団法人国民健康保険中央会において開催されている「ケアプランデータ連携システム説明会」が厚生労働省You Tubeチェンネルにおいて公開されました。 また、2月7日(火)にも同様の内容の説明会が追加開催されますのでお知らせいたします。 【説明動画の掲載先】 国民健康保険中央会ホームページ https://www.kokuho.or.jp/system/care/careplan/ind

bottom of page