• 事務局

介護保険最新情報vol.779 「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第4報)」

※本Q&Aにより、通所介護等の利用が出来なくなった発熱等の症状のある利用者に対する訪問介護の提供増加等により、人員基準上の必要な資格を持った人員が確保できない場合にでも、それが一時的なものであり、利用者の処遇に配慮したものであれば、柔軟に対応をして差し支えない旨、また訪問介護の資格がない者でも、訪問介護員として従事するとして差し支えない と周知されました。(問7)

※ また、利用者・家族及び訪問介護員への感染リスクを下げるため、訪問時間を可能な限り短くする工夫を行った場合、生活援助のサービス提供が20分未満になった場合に報酬を算定して差し支えない と周知されました。



最新記事

すべて表示

コロナ禍における訪問介護の外出の留意点について、「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点(その2)(一部改正)」(令和2年10月15日事務連絡)の廃止について

これまで、訪問介護の新型コロナウイルス感染症の対策においては、 「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点(その2)(一部改正)」(以下、「令和2年10月15日事務連絡」という)による対応を基本とすることが、厚生労働省の様々な通知で周知されていましたが、令和3年11月24日に厚生労働省が関係団体に通知した「社会福祉施設等における面会等の実施にあたっての留意点」(事務連絡)の中で、「令和2年

介護保険最新情報vol1021 感染症対策のための実地での研修に係る令和3年度における第五次募集について(募集期間:11/22~12/8)

厚生労働省では、介護保険施設又は事業者(以下「施設等」)での新型コロナウイルス感染症の感染予防、拡大防止のため、感染症の専門家を施設等に派遣し、感染対策の指導や助言(実地での研修)を行っています。 (実施主体は、厚生労働省が委託した日本能率協会総合研究所です) その内容は、施設等の現状の感染対策への助言や個人防護具の着脱の実演・演習・指導、また実際に感染疑い等が発生した場合の当該施設での対応方法等

介護保険最新情報vol1020 「介護予防・日常生活支援総合事業のガイドラインについて」及び「介護予防・日常生活支援総合事業における介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)の実施及び

介護予防手帳の活用について」の一部改正について この度、以下の資料の改正がありましたのでお知らせします。 ●「介護予防・日常生活支援総合事業ガイドライン」(平成27年6月5日 老発0605第5号) ・事業の対象者に継続利用要介護者を追加 ・就労的活動支援コーディネーターの配置を追記 ・単位を「上限」⇒「勘案」に見直し ・「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会取りまとめ」(令和元年12月13日