top of page
  • 事務局

介護保険最新情報vol1084「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(訪問通所サービス、 居宅療養管理指導及び福祉用具貸与に係る部分)及び指定居宅介護支援に要す る費用の額の算定

に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について」 等の 一部改正 に ついて


「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準等の一部を改正する告示」が2022年4月14日に交付され、10月1日から施行されます。


すなわち、従来の「介護職員処遇改善加算」・「介護職員等特定処遇改善加算」に加え、令和4年10月の介護報酬改定により「介護職員等ベースアップ等支援加算」が導入されることについて、関係する基準等が改正されました。 訪問介護に関係する基準もありますので確認しましょう。


関係資料(全155枚)

1084
.pdf
Download PDF • 3.18MB


最新記事

すべて表示

高齢者施設等における令和5年秋開始接種進捗状況の実態調査 ② の 結果 及び令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種について

本情報のうち、令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種についてお知らせいたします。 【接種の対象者】 令和6年度以降に行う定期接種の対象者は、65歳以上の高齢者とともに、比較的疾病負荷の高い60歳から64歳までについても、一定の基礎疾患を有する者の重症化リスクも国旅することとし、その対象者については、予防接種法上、重症化予防を目的とした接種を行う季節性インフルエンザワクチン等における接種の対象者と

bottom of page