• 事務局

※令和4年10月介護報酬改定 介保険最新情報vol1082 介護職員処遇改善加算、介護職員等特定処遇改善加算及び介護職員等ベースアップ加算に関する基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について

※訪問介護に関係にする内容です※


従来の「介護職員処遇改善加算」「介護職員等特定処遇改善加算」に加え、令和4年10月の介護報酬改定かにより導入される「介護職員等ベースアップ等支援加算」の事務処理の整理や詳細、様式が公開されました。



〇「介護職員処遇改善加算」(処遇改善加算)

・平成24年度~

・介護職員の賃金改善に充てることを目的に創設

・キャリアパス要件の記載が必要   等


〇「介護職員等特定処遇改善加算」(特定加算)

・令和元年10月~ ・経験・技能のある介護職員(介護福祉士の資格を要し、所属法人等における勤続年数10年以上の介護職員)に重点化した更なる処遇改善を行う

・経験・技能のある介護職員のうち1人以上は、賃金改善に要する費用の見込額が月額平均8万円以上又は賃金改善後の賃金の見込み額が年額440万以上であること。     等


〇「介護職員等ベースアップ等支援加算」(ベースアップ等加算)

・令和4年10月~

・介護職員の収入を3%(月額9000円相当)程度引き上げるための措置

・介護職員等のベースアップ等の支援計画書を作成      等


 

⇒これらの各加算の申請に係る詳細や様式がまとめられています。


(介護保険最新情報vol1082)

1082
.pdf
Download PDF • 3.48MB



最新記事

すべて表示

当協会の黒松基子副会長も参加していた「生活援助従事者研修に関する調査研究事業」の成果物が公表されました。 ●リーフレット 「生活援助従事者研修のご案内~あなたの経験、介護のお仕事や地域に活かしませんか~」 ●ガイドブック 「生活援助従事者研修の実施に関するガイドブック~介護人材の裾野の拡大と地域の支え合い活動の推進に向けて~」 ●報告書 「生活援助従事者研修に関する調査研究事業 報告書」 本件の詳

厚生労働省では、介護サービス施設・事業所の経営状況を把握するために「令和4年度介護事業実態調査(介護事業経営概況調査)」を実施しています。 本調査結果の内容をもとに、次期介護報酬改定の方針を協議する「社会保障審議会介護給付費分科会」等の資料が作成される重要な調査となっています。 調査対象となる介護保険施設・事業所に対し、調査票が送られていますので、調査票が届きました事業所様は、回答のご協力をお願い

ウクライナから避難を目的として日本に入国した外国人(ウクライナ難民)の取扱いについては、4月7日付「ウクライナから避難を目的として入国した外国人に係る介護保険の適用について」(介護保険最新情報vol1067)にて示されていましたが、今回新たに、介護保険料及び利用者負担の取扱いが示されました。 介護保険最新情報vol1080 関連(介護保険最新除法 vol1067)