• 事務局

介護保険最新情報vol1059 「介護保険の給付対象となる福祉用具及び住宅改修の取扱いについて」の改正について(排泄予測支援機器を追加)

介護保険最新情報vol1055でお知らせしたように、「厚生労働大臣が定める特定福祉用具販売に係る特定福祉用具の種目及び厚生労働大臣が定める特定介護予防福祉用具販売に係る特定介護予防福祉用具の種目」が改正されたことに伴い、「介護保険の給付対象となる福祉用具及び住宅改修の取扱いについて」も改正され、令和4年4月1日より適用されましたのでお知らせします。


[主な改正点]

・日本工業規格(JIS)⇒日本産業規格(JIS)への変更

排泄予測支援機器の追加

(利用者が常時装着した上で、膀胱内の状態を関知し、尿量を推定するものであって、一定の量に達したと推定された際に、排尿の機会を居宅要介護者等又はその介護を行う者に自動で通知するもの)


※本通知に、「介護保険制度の福祉用具・住宅改修にかかるQ&A」も含まれます



本件の詳細(22枚)

介護保険最新情報vol.1059
.pdf
Download PDF • 1.08MB







最新記事

すべて表示

厚生労働省では、介護支援専門員の法定研修カリキュラムの改正を予定しており、その準備のために「介護支援専門員の資質向上に資する研修等のあり方に関する調査研究事業」を実施しています。 今般、本研究事業の成果物が取りまとまり、公表されましたので参考になさってください。 なお、本成果物は正式なカリキュラムやガイドラインを示したものではなく、これらを踏まえ、今後、正式なカリキュラムやガイドラインの改正が行わ