top of page
  • 事務局

介護保険最新情報vol1059 「介護保険の給付対象となる福祉用具及び住宅改修の取扱いについて」の改正について(排泄予測支援機器を追加)

介護保険最新情報vol1055でお知らせしたように、「厚生労働大臣が定める特定福祉用具販売に係る特定福祉用具の種目及び厚生労働大臣が定める特定介護予防福祉用具販売に係る特定介護予防福祉用具の種目」が改正されたことに伴い、「介護保険の給付対象となる福祉用具及び住宅改修の取扱いについて」も改正され、令和4年4月1日より適用されましたのでお知らせします。


[主な改正点]

・日本工業規格(JIS)⇒日本産業規格(JIS)への変更

排泄予測支援機器の追加

(利用者が常時装着した上で、膀胱内の状態を関知し、尿量を推定するものであって、一定の量に達したと推定された際に、排尿の機会を居宅要介護者等又はその介護を行う者に自動で通知するもの)


※本通知に、「介護保険制度の福祉用具・住宅改修にかかるQ&A」も含まれます



本件の詳細(22枚)

介護保険最新情報vol.1059
.pdf
Download PDF • 1.08MB







最新記事

すべて表示

厚生労働省では、介護予防・日常生活支援総合事業や生活支援体制整備事業等(総合事業等)の実施や総合事業等を通じた地域づくりを推進するため、全国研修(オンデマンド研修)を実施しています。(事務局 株式会社日本能率協会総合研究所) 参加対象者は以下のとおりです。 ・地域包括ケアに携わる都道府県・市区町村職員 ・地域包括支援センター職員 ・生活支援コーディネーター等関係機関の職員 ・その他関係者 対象とな

これまで公益社団法人国民健康保険中央会において開催されている「ケアプランデータ連携システム説明会」が厚生労働省You Tubeチェンネルにおいて公開されました。 また、2月7日(火)にも同様の内容の説明会が追加開催されますのでお知らせいたします。 【説明動画の掲載先】 国民健康保険中央会ホームページ https://www.kokuho.or.jp/system/care/careplan/ind

bottom of page