• 事務局

介護保険最新情報vol1022 新型コロナウイルス感染症の感染防止に配慮して通いの場等の取組を実施するための留意事項について(その2)

新型コロナウイルスの感染蔓延からもうすぐ2年が経過します。この間、ステイホームや外出自粛により、心身機能の低下や社会的交流の機会の減少など、高齢者の生活様式と健康に影響を与えています


この問題に関し、令和3年11月19日に発出(改定)された「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」では、「政府は、地方公共団体と連携し、外出自粛による心身機能の低下や地域のつながりの希薄化の回復に向けて、高齢者等がフレイル状態等にならないよう、コミュニティにおける支援を含め、健康維持・介護サービスの確保を行う」ことが述べられました。


今回、上記の基本的対処方針が改定されたことに伴い、厚生労働省では、外出自粛による心身機能の低下や地域のつながりの希薄化の回復に向けて、地域の実情や感染防止対策を確保した上で、通いの場や認知症カフェ等の取組を実施するために参考となるよう、「新型コロナウイルス感染症の感染防止に配慮して通いの場等の取組を実施するための留意事項」の見直し(令和3年12月版)を行いましたので確認をしてみましょう。



本件の詳細(介護保険最新情報vol1022)

1022
.pdf
Download PDF • 1.57MB




最新記事

すべて表示

※訪問介護に関係の深い通知です 訪問介護をはじめとする介護の現場で行われる「原則、医行為でないと考えられる行為」について、平成17年7月28日に発出された「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」(医政発第0726005号)に続き、この度、「その2」として、令和4年12月1日 医政発1201第4号にて、新たな解釈が周知されました。 訪問介護員に関係の深い

厚生労働省では、令和3年度の電子申請・届出システムを構築し、令和4年度下半期より、準備のできた自治体から運用を開始しています。 この運用に際し、今般、介護予防・日常生活支援総合事業指定事業所等の指定申請等における様式例が示されました。 〇「介護予防・日常生活支援総合事業の指定に関する様式例の改訂等について」(令和4年11月29日) →標準様式例の掲載場所(厚生労働省ホームページ) https: