top of page
  • 事務局

「一人暮らしの高齢者に対する見守り活動に関する調査」結果について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、長い間、対面での見守り活動が制限され、その方法を変更せざるを得ない状況となりました。 このことについて、総務省が、見守り活動の現場である地方公共団体の取組や課題等について調査を行い、その結果が公表されました。 事例も多く掲載されています。 一人暮らしの高齢者と接する方はぜひ参考にしてください。



報告書全文(上記画像を含む)はこちら

【事務連絡】_一人暮らしの高齢者に対する見守り活動に関する調査
.pdf
Download PDF • 4.18MB


最新記事

すべて表示

高齢者施設等における令和5年秋開始接種進捗状況の実態調査 ② の 結果 及び令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種について

本情報のうち、令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種についてお知らせいたします。 【接種の対象者】 令和6年度以降に行う定期接種の対象者は、65歳以上の高齢者とともに、比較的疾病負荷の高い60歳から64歳までについても、一定の基礎疾患を有する者の重症化リスクも国旅することとし、その対象者については、予防接種法上、重症化予防を目的とした接種を行う季節性インフルエンザワクチン等における接種の対象者と

bottom of page