• 事務局

介保険最新情報vol1082の訂正について




各都道府県 介護保険担当課(室)

各市町村  介護保険担当課(室)

各介護保険関係団体         御中

平素より大変お世話になっております。

6月21日に発出いたしました介護保険最新情報vol.1082につきまして、

別紙2(基本情報入力シート)Z32・Z33の記載を以下のとおり修正いたしますので、ご連絡いたします。

修正前:「一月あたり介護報酬総単位数(処遇改善加算及び特定加算を除く)」

修正後:「一月あたり介護報酬総単位数(処遇改善加算、特定加算及びベースアップ等加算を除く)」

※基本情報入力シート30行目及び記入要領についても、同様の修正をしております。

修正後の媒体は以下のURL(介護保険最新情報)に掲載しておりますのでご確認ください。(共同ポータルサイト「One Public」に掲載した媒体も差替え済みです。)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/index_00010.html

大変お手数おかけしますが、修正点について御了知いただき、ご対応の程よろしくお願い申し上げます。


厚生労働省 老健局 老人保健課


========================

【参考】

介護保険最新情報vol1082 「介護職員処遇改善加算、介護職員等特定処遇改善加算及び介護職員等ベースアップ等支援加算に関する基本的な考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について」


※訪問介護に関係にする内容です※


従来の「介護職員処遇改善加算」「介護職員等特定処遇改善加算」に加え、令和4年10月の介護報酬改定かにより導入される「介護職員等ベースアップ等支援加算」の事務処理の整理や詳細、様式が公開されました。



〇「介護職員処遇改善加算」(処遇改善加算)

・平成24年度~

・介護職員の賃金改善に充てることを目的に創設

・キャリアパス要件の記載が必要   等


〇「介護職員等特定処遇改善加算」(特定加算)

・令和元年10月~ ・経験・技能のある介護職員(介護福祉士の資格を要し、所属法人等における勤続年数10年以上の介護職員)に重点化した更なる処遇改善を行う

・経験・技能のある介護職員のうち1人以上は、賃金改善に要する費用の見込額が月額平均8万円以上又は賃金改善後の賃金の見込み額が年額440万以上であること。     等


〇「介護職員等ベースアップ等支援加算」(ベースアップ等加算)

・令和4年10月~

・介護職員の収入を3%(月額9000円相当)程度引き上げるための措置

・介護職員等のベースアップ等の支援計画書を作成      等


 

⇒これらの各加算の申請に係る詳細や様式がまとめられています。


(介護保険最新情報vol1082)

1082
.pdf
Download PDF • 3.48MB



最新記事

すべて表示

令和4年10月1日より、一定以上の所得を有する方の医療費の窓口負担が2割となります。 2割負担への変更により影響が大きい外来療養(訪問看護を含む)を受けた方については、施行後3年間、高額療養費の枠組みを利用して、ひと月分の負担増が最大でも3,000円に収まるような配慮措置が導入されます。 本件の詳細 ポスター リーフレット 本件の詳細

新型コロナウイルスに関し、病床等のひっ迫の状況などにより、高齢者施設等で感染された方について、施設内で療養されることを余儀なくされる状況が生じた高齢者施設等について、感染対策の徹底、療養の質及び体制の確保等を行うことができるよう、地域医療介護総合確保基金において更なる追加的支援を活用できることとされています。 この追加的支援については、令和4年7月末までは、まん延防止等重点措置等を実施すべき区域以