• 事務局

直近の感染状況等を踏まえた国民の皆様への呼びかけについて

今般、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部において、「新型コロナ・インフル同時流行対策タスクフォース」を開催し、新型コロナの第8派となる可能性や、インフルエンザの一部地域における増加傾向、病床や救急の状況を確認し、今後、感染の増加が継続することも見据えて、先手先手で呼びかけが行わることになりました。





(参考1)新型コロナウイルス・季節性インフルエンザの同時流行に備えた対応

(厚生労働省特設ウェブサイト)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00003.html



(参考2)新型コロナ・インフル同時流行対策タスクフォース開催要領

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001002380.pdf


(参考3)新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備えた対応

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001000988.pdf


(参考4)新型コロナ・インフルエンザの同時流行を見据えた感染状況に応じた国民の皆様

への呼びかけ

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001002492.pdf


(参考5)新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力をお願いします(リーフレット)

https://www.mhlw.go.jp/content/000884713.pdf


(参考6)直近の感染状況及び医療提供体制の状況

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001014453.pdf


(参考7)直近の感染状況等を踏まえた国民の皆様への呼びかけ

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001014600.pdf


本件の詳細

041122
.pdf
Download PDF • 1.52MB


タグ:

最新記事

すべて表示

※訪問介護に関係の深い通知です 訪問介護をはじめとする介護の現場で行われる「原則、医行為でないと考えられる行為」について、平成17年7月28日に発出された「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」(医政発第0726005号)に続き、この度、「その2」として、令和4年12月1日 医政発1201第4号にて、新たな解釈が周知されました。 訪問介護員に関係の深い

厚生労働省では、令和3年度の電子申請・届出システムを構築し、令和4年度下半期より、準備のできた自治体から運用を開始しています。 この運用に際し、今般、介護予防・日常生活支援総合事業指定事業所等の指定申請等における様式例が示されました。 〇「介護予防・日常生活支援総合事業の指定に関する様式例の改訂等について」(令和4年11月29日) →標準様式例の掲載場所(厚生労働省ホームページ) https: