top of page
  • 事務局

高齢者施設等における施設内療養に関する更なる追加的支援策の対象拡大及び期間延長について

新型コロナウイルス感染症への対応について、病床等のひっ迫などにより、感染者が高齢者施設等で療養せざるを得ない場合、感染対策の徹底、療養の質や体制を確保するため、地域医療介護総合確保基金によりさらなる追加的支援を活用することができるとされています。


本追加的支援について、令和4年4月8日から令和4年7月末日までは、まん延防止等重点措置等を実施すべき区域以外の区域においても活用できることとされましたので、お知らせします。


なお、対象の高齢者施設等に訪問介護は入っておりません


〇対象サービス

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設、認知症グループホーム、養護老人ホーム、経費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、短期入所生活介護、短期入所療養介護


〇補助額

・施設内療養者1名につき、15万円

・まん延防止等重点措置区域等の施設等であって、療養者数が一定数を超える場合は、

施設内療養者1名につき1万円/日を追加補助(上記と合わせて最大30万円)



本件の詳細

【事務連絡】高齢者施設等における施設内療養に関する更なる追加的支援策の対象拡大及び期間延長について
.pdf
Download PDF • 144KB

最新記事

すべて表示

高齢者施設等における令和5年秋開始接種進捗状況の実態調査 ② の 結果 及び令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種について

本情報のうち、令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種についてお知らせいたします。 【接種の対象者】 令和6年度以降に行う定期接種の対象者は、65歳以上の高齢者とともに、比較的疾病負荷の高い60歳から64歳までについても、一定の基礎疾患を有する者の重症化リスクも国旅することとし、その対象者については、予防接種法上、重症化予防を目的とした接種を行う季節性インフルエンザワクチン等における接種の対象者と

bottom of page