• 事務局

高齢者施設等の従事者等に対する集中的実施計画の実施方針等について

更新日:1月13日

1月7日に「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更され、緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域に指定された都道府県等は、「集中的実施計画を策定し、感染多数地域の高齢者施設等の従業者等に対する検査の頻回実施を行う」とされました。


これを踏まえ、厚生労働省が、今後、緊急事態措置区域またはまん延防止等重点措置区域に指定された都道府県、市、特別区等における検査(PCR検査、抗原定量検査等)の集中的実施計画の実施方針を示しました。


※必ずこの通りに実施されるものではなく、都道府県等に検討を促す内容です。

今後、お住まいの都道府県等に確認してみましょう。


〇検査の頻回実施の対象となる施設

入所系の高齢者施設等(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、認知症グループホーム、有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、障害者支援施設等)を基本とし、これらに加えて、外部との接触の機会が多い通所系や訪問系の事業所も対象とすることを検討

(必ずしもこれらに限られるものではない)


〇対象者

高齢者施設等の従事者は必ず対象とする。


〇検査の頻度

できる限り週に1回程度実施すること。困難な場合は少なくとも2週間に1回程度



本件の詳細

【事務連絡】高齢者施設等の従事者等に対する集中的実施計画の実施方針等について
.pdf
Download PDF • 674KB


最新記事

すべて表示

介護職員1人当たり月額9,000円の賃上げに相当する額(令和4年2月~9月分)が補助される「介護職員処遇改善支援補助金」。 この決定を受け、2月からの賃金アップについて検討・準備をされている事業所が多いことと思います。 しかし、賃金を上げた後、9月以降はどうなるの?という声もありました。 この件について、令和4年10月以降も「臨時の報酬改定を行い、収入を3%程度(月額平均9,000円相当)を引き上

これまで、布製マスクの配布を希望する方は、提出様式に必要事項を記入し、メール添付で申請することとされていましたが、より簡易に申し出ていただけるよう「専用フォーム」や「電話」で申請できるようになりました。 布製マスクは、「介護施設等」(訪問介護事業所も対象)、「個人」(日本国内に居住する方)のうち、希望する方に配布されます。 詳細や専用フォームはこちら(厚生労働省ホームページ) 本件の詳細

令和3年10月から、マイナンバーカードのメリットが拡大していますのでご紹介します。 1.マイナンバーカードが健康保険証として使えます ①マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには申込が必要です。利用申込はマイナポータルやセブン銀行のATM、医療機関・薬局の顔認証付カードリーダーで申込ができます。 ②マイナンバーカードのICチップには、受診歴や薬剤情報などの個人情報は記録されません。ご自身