• 事務局

「高齢者施設におけるワクチン接種歴等を踏まえた面会に係る事例集」について

介護保険施設等の運営基準では、「常に入所者の家族との連携を図るとともに、入所者とその家族との交流等の機会を確保するように努めなければならない」とされています。


コロナ禍においては感染防止のために面会が叶わない状態であったことから、厚生労働省は、高齢者施設での面会の実施に当たり、「社会福祉施設等における面会等の実施にあたっての留意点について」(令和3年11月24日付事務連絡)を発出し、入所者と面会者のワクチン接種歴や検査結果等を考慮して「対面での面会」の実施を検討することを周知してきました。


この度、12月5日に、上記に関連した事務連絡が発出され、ワクチン接種歴等を考慮した対面での面会事例が示されましたのでお知らせいたします。

20211215
.pdf
Download PDF • 645KB

※参考事例であり、本事例に基づいて実施することを求めるものではありません

※地域における発生状況や都道府県等が示す対策の方針を考慮して面会の実施を検討してください。

※「社会福祉施設等における面会等の実施にあたっての留意点について」(令和3年11月24日付事務連絡)はこちら



タグ:

最新記事

すべて表示

※訪問介護に関係の深い通知です 訪問介護をはじめとする介護の現場で行われる「原則、医行為でないと考えられる行為」について、平成17年7月28日に発出された「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」(医政発第0726005号)に続き、この度、「その2」として、令和4年12月1日 医政発1201第4号にて、新たな解釈が周知されました。 訪問介護員に関係の深い

厚生労働省では、令和3年度の電子申請・届出システムを構築し、令和4年度下半期より、準備のできた自治体から運用を開始しています。 この運用に際し、今般、介護予防・日常生活支援総合事業指定事業所等の指定申請等における様式例が示されました。 〇「介護予防・日常生活支援総合事業の指定に関する様式例の改訂等について」(令和4年11月29日) →標準様式例の掲載場所(厚生労働省ホームページ) https: