top of page
  • 事務局

2022年10月1日から、一定以上の所得がある方は、医療費の窓口負担割合が変わります

令和4年10月1日より、一定以上の所得を有する方の医療費の窓口負担が2割となります。 2割負担への変更により影響が大きい外来療養(訪問看護を含む)を受けた方については、施行後3年間、高額療養費の枠組みを利用して、ひと月分の負担増が最大でも3,000円に収まるような配慮措置が導入されます。

本件の詳細



ポスター

(別添1)医療機関ポスター
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.37MB

リーフレット

(別添2)医療機関リーフレット
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.50MB

本件の詳細

20020726
.pdf
ダウンロード:PDF • 92KB


最新記事

すべて表示

介護保険最新情報vol1286「介護サービス計画書の様式及び課題分析標準項目の提示について」の一部改正について

これまで、福祉用具貸与について、「居宅サービス計画書」と「福祉用具貸与実績報告書」の記載内容が統一されていなかったことから、今般、様式の一部が改正され、2025年(令和7年)4月から施行されることになりました。 正誤表や詳細はこちら https://www.mhlw.go.jp/content/001271371.pdf

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page