top of page
  • 事務局

2022年10月1日から、一定以上の所得がある方は、医療費の窓口負担割合が変わります

令和4年10月1日より、一定以上の所得を有する方の医療費の窓口負担が2割となります。 2割負担への変更により影響が大きい外来療養(訪問看護を含む)を受けた方については、施行後3年間、高額療養費の枠組みを利用して、ひと月分の負担増が最大でも3,000円に収まるような配慮措置が導入されます。

本件の詳細



ポスター

(別添1)医療機関ポスター
.pdf
Download PDF • 2.37MB

リーフレット

(別添2)医療機関リーフレット
.pdf
Download PDF • 2.50MB

本件の詳細

20020726
.pdf
Download PDF • 92KB


最新記事

すべて表示

介護保険最新情報vol1204 ケアプランデータ連携システム「かんたんシミュレーションツール」の公開について

介護現場の負担軽減や職場環境の改善に関する取り組みの一環として、居宅介護支援事業所と 介護サービス事業所の間で毎月やり取りされるケアプランのうち、『サービス提供票(予定・実績)』の効果的なデータ連携を可能とする「ケアプランデータ連携システム」が国民健康保険中央会にて構築され、令和5年4月より稼働しています。 今般、国民健康保険中央会は、導入後の費用対効果をかんたんに診断できる「かんたんシミュレーシ

bottom of page