top of page
  • 事務局

令和5年10月導入 インボイス制度Q&A

平成28年度税制改正法における消費税法の改正により、令和5年10月より適格請求書等保存方式(いわゆる、インボイス制度)が導入されることになりました。


【インボイス制度導入 現行制度から何が変更になる?】

・消費税の仕入税額控除のためにインボイスの保存が必要になります。

・インボイスの交付を行うためには税務署への「適格請求書発行事業者」としての登録申請が必要になります。

・制度の円滑な移行のため、免税事業者からの仕入れについて、制度導入後の3年間は仕入税額80%、その後の3年間は仕入税額の50%を控除できる経過措置が設けられています。


こうした点を踏まえ、インボイス制度の周知に関して、「Q&A」や「中小企業等に向けた支援措置等」が公表されましたのでお知らせします。






⇒より詳細なQ&A(令和4年1月19日 財務省ほか)

【別添3】20220119免税事業者との取引に関するQ&A本体
.pdf
Download PDF • 224KB

最新記事

すべて表示

高齢者施設等における令和5年秋開始接種進捗状況の実態調査 ② の 結果 及び令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種について

本情報のうち、令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種についてお知らせいたします。 【接種の対象者】 令和6年度以降に行う定期接種の対象者は、65歳以上の高齢者とともに、比較的疾病負荷の高い60歳から64歳までについても、一定の基礎疾患を有する者の重症化リスクも国旅することとし、その対象者については、予防接種法上、重症化予防を目的とした接種を行う季節性インフルエンザワクチン等における接種の対象者と

bottom of page