• 事務局

高齢者施設等の入所者及び従事者、通所サービス事業所の利用者及び従事者への新型コロナウイルス感染症に係る予防接種(追加接種)について


新型コロナウイルス感染症のワクチンは、これまでは、原則8か月以上の間隔をおいて1回接種することとし、医療機関等でのクラスター発生時に、接種間隔の例外的な取扱いが認められていました。


今般、新たな変異株の発生等の状況を踏まえ、クラスター発生時に限らず、初回接種の完了から8か月以上の経過を待たずに追加接種を実施する場合の接種対象者(高齢者施設等、通所サービス事業所の利用者及び従事者)の範囲が示されました。


本件の詳細

〇高齢者施設等の 入所者及び従事者 、通所サービス事業所の利用者及び従事者への新型コロナウイルス感染症に係る 予防接種 (追加接種について)

20211224
.pdf
Download PDF • 135KB

〇別添 初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方について

20211224_2
.pdf
Download PDF • 1.87MB








タグ:

最新記事

すべて表示

※訪問介護に関係の深い通知です 訪問介護をはじめとする介護の現場で行われる「原則、医行為でないと考えられる行為」について、平成17年7月28日に発出された「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」(医政発第0726005号)に続き、この度、「その2」として、令和4年12月1日 医政発1201第4号にて、新たな解釈が周知されました。 訪問介護員に関係の深い

厚生労働省では、令和3年度の電子申請・届出システムを構築し、令和4年度下半期より、準備のできた自治体から運用を開始しています。 この運用に際し、今般、介護予防・日常生活支援総合事業指定事業所等の指定申請等における様式例が示されました。 〇「介護予防・日常生活支援総合事業の指定に関する様式例の改訂等について」(令和4年11月29日) →標準様式例の掲載場所(厚生労働省ホームページ) https: