• 事務局

高齢者施設等におけるオミクロン株に対応した新型コロナワクチンの接種について

予防接種実施規則の一部を改正する省令の施行により、令和4年10月21日より、オミクロン株対応ワクチン接種を行う場合最終接種からの間隔が「5か月以上」から「3か月以上」に短縮されています。 これを受け、厚生労働省は、重症化リスクが高い高齢者施設等の入所者等に対し、速やかに接種が行われるよう都道府県・指定都市等に対し周知を発出されました。 〇新型コロナウイルス感染症が毎年、年末年始に流行していることを踏まえ、遅くとも年内に高齢者施設等の入所者等に対する接種が完了するよう支援を行うこと。


〇各市町村においては、管内の高齢者施設等と密接に連携し、従来ワクチンによる最終接種 から3か月経過後、可能か限り早期に、より多くの希望する入所者等が接種を受けられるよう、施設の取り組みの進捗を管理すること。


〇今後、高齢者施設等でのオミクロン株対応ワクチン接種について、接種状況調査を行い、調査を公表する。これを踏まえて高齢者施設等における接種の進捗管理を行っていただきたい。 本件の詳細

【事務連絡】高齢者施設等におけるオミクロン株に対応した新型コロナワクチンの接種について
.pdf
Download PDF • 266KB

最新記事

すべて表示

※訪問介護に関係の深い通知です 訪問介護をはじめとする介護の現場で行われる「原則、医行為でないと考えられる行為」について、平成17年7月28日に発出された「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」(医政発第0726005号)に続き、この度、「その2」として、令和4年12月1日 医政発1201第4号にて、新たな解釈が周知されました。 訪問介護員に関係の深い

厚生労働省では、令和3年度の電子申請・届出システムを構築し、令和4年度下半期より、準備のできた自治体から運用を開始しています。 この運用に際し、今般、介護予防・日常生活支援総合事業指定事業所等の指定申請等における様式例が示されました。 〇「介護予防・日常生活支援総合事業の指定に関する様式例の改訂等について」(令和4年11月29日) →標準様式例の掲載場所(厚生労働省ホームページ) https: