介護職員​初任者研修

●これから訪問介護の業務に従事しようとする方は、「介護職員初任者研修」(130時間)もしくは、「実務者研修」(未資格者は450時間)を受講し、修了証明書の交付を受ける必要があります。

 

介護職員初任者研修対象者・・・訪問介護事業に従事しようとする者、もしくは、在宅・施設を問わず、介護の事業に従事しようとする者

(平成24年3月28日 老振発0328第9号「介護員養成研修の取扱い細則について」)  

 

●「介護職員初任者研修」は、その制度や実施について厚生労働省が指針を示し、各都道府県の実施要綱に基づいて、各都道府県が指定した養成機関で実施しています。(当協会が制度を作り研修を実施しているものではありません)

 

●研修受講料、研修受講期間、通学or通信の別 などは、各養成機関ごとに異なりますので、受講を希望する方は、お住まいの都道府県庁にお問い合わせください。 (研修事業を行いたい事業者の問合せ先も同様です)

各都道府県問い合わせ先一覧はこちら

ヘッディング 1

​よくある質問

●これまでの「訪問介護員養成研修(1級~3級)」・「介護職員基礎研修」との関係は? 

これまで実施されてきた訪問介護員養成研修課程(「訪問介護員に関する1級・2級・3級課程」・「介護職員基礎研修課程」)は、平成25年4月より、「介護職員初任者研修課程」に一元化されました。

これに伴い、訪問介護員養成研修課程・介護職員基礎研修課程は、平成25年3月に廃止されました。

 

介護保険法施行規則(平成11年厚生労働省令第36号)第22条23【平成25年4月1日】

●これまでの「訪問介護員養成研修2級課程(130時間)」と「介護職員初任者研修課程(130時間)」のカリキュラムの違いは?

介護技術を習得する時間数が増え、医療との連携や認知症の理解に係る時間が確保されました。また、2級課程では介護現場での「実習」が30時間課されていましたが、初任者研修課程では、「実習」は「必要に応じて実施」とされています。さらに、2級課程では、修了時の筆記試験はありませんでしたが、初任者研修課程では、修了時の筆記試験が行われます。

 

カリキュラムの比較表は こちら

●かつて、ヘルパー2級や1級、介護職員基礎研修を修了しました。制度が変わったら、この資格は使えないのでしょうか?

すでに、「訪問介護員に関する1級・2級課程」「介護職員基礎研修」を修了している方はすべて、「介護職員初任者研修課程」修了者と見なされます。

 

 『介護員養成研修の取扱細則について』P3に記載 (平成24年3月28日 老振発0328第9号)

●初任者研修修了者としてみなされる職種や、科目の免除がある場合はありますか?

*「看護師等の資格を持つ方」は、介護職員初任者研修を修了した者としてみなされます。看護師等の資格を有する方が、訪問介護に従事する際の証明書は、各都道府県の判断により、看護師等の免許証をもって代えることができるとされているので、詳細は各都道府県にご確認ください。

 

*また、 「特別養護老人ホーム等の介護職員で実務経験を有する者」、「指定居宅介護等の提供に当たる者として厚生労働大臣が定める者」については、各都道府県の判断により、「介護職員初任者研修課程」と同等の内容と認められる研修を受講している場合、該当する科目の受講が免除される場合があります。詳細は各都道府県にご確認ください。

 

『介護員養成研修の取扱い細則について』P3-4に記載(平成24年3月28日 老振発0328第9号)

 

*「実務者研修」を修了した者は、各都道府県の判断により、「介護職員初任者研修」の全科目が免除されます。

 

(『介護員養成研修の取扱細則について(介護職員初任者研修関係)」』(平成25年2月14日 老振発0214第2号)

●過去に受講した訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1級・2級・3級)の「修了証明書」を紛失しました。再発行はできますか?

受講当時と氏名が変わっている場合、「修了証明書」を再発行してもらえますか?

*「修了証明書」の再発行は、研修実施機関が行っていますので、過去にご自身が研修を受けられた研修機関にお問い合わせください。

 

*該当の研修機関が既に解散している場合は、都道府県庁が修了証を再交付してくれます。研修機関のあった都道府県庁にお問い合わせください。

 

*研修機関名をお忘れの場合も、都道府県庁にご相談ください。

●初任者研修修了者がサービス提供責任者になるには実務経験が必要ですか?

初任者研修修了者がサービス提供責任者となるには、これまでの2級課程修了者と同様、3年以上の実務経験が必要です。

ただし、「初任者研修修了者+3年以上の実務経験」によるサービス提供責任者は、減算(所定単位数×70/100)の処置があります。

 (介護職員基礎研修修了者・1級課程修了者については、実務経験を必要とせず、減算もありません) 

 ⇒資料はこちら

 

※※注意※※(H30.2追記)

平成30年度介護報酬改定において、厚生労働省は、サービス提供責任者の任用要件から「初任者研修修了者・2級課程修了者」を除外することを決めました。

 

 ※ただし、現に従事している方は、1年間の経過措置が設けられます。

 ※また、「初任者研修修了者・2級課程修了者」であるサービス提供責任者を配置している場合の減算については、平成30年度は現に従事している者に限定し、平成31年度以降は廃止されます。

厚生労働省は、「初任者研修」を介護職の入り口に位置する研修と位置づけており、研修時間は130時間です。一方、「実務者研修」は、介護福祉士国家資格の受験要件とされている研修ですが、これから介護に従事しようとする方も受講することができます。研修時間数は450時間で、内容・費用・期間ともにボリュームのある研修となっています。

 

資格取得後は、初任者研修修了者・実務者研修修了者ともに、訪問介護員として仕事ができますが、サービス提供責任者になるための要件が異なります。

 

初任者研修修了者・・・3年以上の実務経験を持ってサービス提供責任者になることができるが、減算の対象となる。

  ⇒※※注意※※(H30.2追記)

  平成30年度介護報酬改定において、厚生労働省は、サービス提供責任者の任用要件から「初任者研修修了者・2級課程修了者」を除外することを決めました。

 

実務者研修修了者・・・実務経験を要せずサービス提供責任者になることができ、減算もない。

 

 

また、将来、「介護福祉士」の国家試験を受けることを希望する場合、「実務者研修」の受講が必須となっているので、初任者研修のみを修了している方は、あらためて、実務者研修を受講しなければなりません。ただし、その場合の研修時間は320時間となります(初任者研修受講分130時間が免除)。

 

初任者研修修了者が「介護福祉士」を受験する場合の要件・・・「実務経験3年以上」+「実務者研修(320時間)」+「国家試験(筆記)」

 

実務者研修修了者が「介護福祉士」を受験する場合の要件・・・「実務経験3年以上」+「国家試験(筆記)」

 

 

 

資格取得までにかけられる時間や費用、資格取得後のご自身の働き方、将来のスキルアップの希望等を考慮し、どちらを受講するか決めるとよいでしょう。

●これから訪問介護に従事したいと考えていますが、「介護職員初任者研修」を受講するか、「実務者研修」を受講するかで迷っています。