​訪問介護とは

〇訪問介護員(ホームヘルパー)とは
  

 平成12年に介護保険制度が創設されて「介護」が一般にも広く受け容れられるようになり、一般的になってきました。
 それに伴い、訪問介護員(ホームヘルパー)という言葉も広がっていき、「ヘルパーさん」という呼び名も一般の方に浸透してきました。


 訪問介護員(ホームヘルパー)とは、一般的に、サービスを利用されている方のご自宅を訪問し、食事、排せつ、入浴などの介助(身体介護・生活援助)を通じ、利用者の生活を支えるサービスを提供するという仕事に就く方々を指します。

 介護保険で訪問介護に従事されている方は、介護福祉士の資格保有者や定められた必要な研修を修了されている方で専門職といえます。 

【訪問介護員(ホームヘルパー)として活躍する方々が保有している資格】

 

  ・介護福祉士(国家資格)

  ・介護職員初任者研修修了

  ・実務者研修修了

  ・訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修1級課程・2級課程修了(H25.3で研修終了)

  ・介護職員基礎研修修了(H25.3で研修終了)

 これらの研修を修了した方々が訪問介護員(ホームヘルパー)として、全国で約42万人活躍しています。

  (介護職員初任者研修修了者・訪問介護員養成研修修了者の数、訪問介護員従事者数に関する厚生労働省の公開データはこち

 

 また、これらの研修を修了した方は、訪問介護員(ホームヘルパー)という名称に限定されることなく、介護老人福祉施設や介護老人保健施設などで勤務することも可能です。

介護保険法では、介護保険の対象となる訪問介護(介護予防訪問介護)業務に従事できるのは、『介護福祉士』及び『その他政令で定める者』とされています。(介護保険法 第8条2)

 

○『その他政令で定める者』とは・・・

 各都道府県が指定した事業者が実施する『介護職員初任者研修』を修了し、修了証明書の交付を受けた者

 (または、『訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修』修了者・『介護職員基礎研修』修了者)

〇これから、訪問介護員(ホームヘルパー)になるには
 

 訪問介護員になるための旧養成研修(訪問介護員養成研修1級・2級、介護職員基礎研修)は、体系が複雑であったため、平成25年4月より「介護職員初任者研修」に一元化されました。

 

 これから訪問介護員(ホームヘルパー)を目指す方は、各都道府県の指定を受けた事業者が実施する「介護職員初任者研修」もしくは、「実務者研修」を受講する必要があります。

 実施機関や受講料、実施時期などの詳細は各都道府県の介護保険主管課等で情報提供していますので、お住まいの都道府県にお問い合わせください

〇訪問介護員の仕事とは
 名称からイメージされるとおり、高齢者や障害をお持ちの方のご自宅にお伺いし、入浴、排せつ、食事などに代表される身体的な介護、調理・掃除・洗濯などの生活面の支援、生活等に関する相談や助言、その他日常生活上の世話を行うということで、利用者の方の在宅生活を全面的に支えている重要な仕事になります。

【介護保険法に定める訪問介護 とは(介護保険法第8条2)】

 

要介護者であって、居宅(軽費老人ホーム等も含む)において介護を受けるものについて、その者の居宅において介護福祉士その他政令で定める者により行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話であって、厚生労働省令で定めるもの

 訪問介護員(ホームヘルパー)は、一定の条件を満たし、都道府県等の指定を受けた事業所に所属していなければ介護保険や自立支援給付などのサービスを提供することができません。それにより、サービスの質が担保されるという仕組みになっています。​