top of page
  • 事務局

マスク着用の考え方の見直し等(特に高齢者施設等における取扱い)について

1.今般、「マスク着用の考え方の見直し等について」(令和5年2月10日付)のとおり、

3月13日より、マスク着用の考え方が見直されます。

1.一般的な考え方 参照


2.ただし、高齢者施設等における取扱いは、別に事務連絡が発出されているので注意しましょう。

2.高齢者施設等の取扱い 参照


---------------------------------------------------------------------------------------

1.一般的な考え方


【現在の取扱い】

〇屋内では原則的にマスク着用、屋外では原則不要。


【3月13日からの取扱い】※学校では4月1日から適用

〇行政が一律にルールとして求めるのではなく、個人の主体的な選択を尊重し、着用は個人の判断に委ねる

〇政府は各個人のマスク着用の判断に資するよう、感染防止対策としてマスクの着用が効果的である場面などを示し、一定の場合にマスクの着用を推奨する


※※資料※※

〇マスク着用の考え方の見直し等について

【事務連絡】新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針の変更等について
.pdf
ダウンロード:PDF • 67KB

〇リーフレット





2.高齢者施設等の取扱い


高齢者等重症化リスクの高い者への感染を防ぐため、マスク着用が効果的な次の場面では、マスクの着用を推奨する。


・医療機関受診時

・高齢者等重症化リスクが高い者が多く入院・生活する医療機関や高齢者施設等への訪問時

・通勤ラッシュ時等、混雑した電車やバスに乗車する時(当面の取扱い)

(概ね全員の着席が可能である新幹線、通勤ライナー、高速バス、貸切バス等を除く)

・高齢者等重症化リスクが高い者が多く入院・生活する医療機関や高齢者施設等の従事者は、勤務中のマスクの着用を推奨


※※資料※※

〇マスク着用の考え方の見直し等(特に高齢者施設等における取扱い)について

【事務連絡(介護部局宛)】マスク着用の考え方の見直し等(特に高齢者施設等における取扱い)について
.pdf
ダウンロード:PDF • 165KB

Comments


bottom of page