• 事務局

10月から、マイナンバーカードのメリットが拡大しています!

令和3年10月から、マイナンバーカードのメリットが拡大していますのでご紹介します。


1.マイナンバーカードが健康保険証として使えます

①マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには申込が必要です。利用申込はマイナポータルやセブン銀行のATM、医療機関・薬局の顔認証付カードリーダーで申込ができます。

②マイナンバーカードのICチップには、受診歴や薬剤情報などの個人情報は記録されません。ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づけられることはありません。

09_チラシ「健康保険証利用の申込みはセブン銀行ATMで!」
.pdf
Download PDF • 1.14MB

2.より良い医療の受診や自身の健康管理に役立ちます

マイナポータルで、薬剤情報や特定健診情報が確認できます。

②本人が同意をすれば、初めての医療機関でも、特定健診情報や今までに使った薬剤情報が医師等と共有でき、より適切な医療が受けられるようになります。



3.医療費控除の鉄づ位や限度額を超える支払の手続きが簡単に

マイナポータルで、医療費通知情報の閲覧や、医療費控除の手続きで医療費通知情報の自動入力が可能となります。

②限度額適用認定証がなくても、高額医療費制度における限度額を超える支払が免除されます。


4.マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種頌栄所(電子版)が取得できるようになります 

10_チラシ「新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになります」
.pdf
Download PDF • 119KB




※1~4の詳細








タグ:

最新記事

すべて表示

※訪問介護に関係の深い通知です 訪問介護をはじめとする介護の現場で行われる「原則、医行為でないと考えられる行為」について、平成17年7月28日に発出された「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」(医政発第0726005号)に続き、この度、「その2」として、令和4年12月1日 医政発1201第4号にて、新たな解釈が周知されました。 訪問介護員に関係の深い

厚生労働省では、令和3年度の電子申請・届出システムを構築し、令和4年度下半期より、準備のできた自治体から運用を開始しています。 この運用に際し、今般、介護予防・日常生活支援総合事業指定事業所等の指定申請等における様式例が示されました。 〇「介護予防・日常生活支援総合事業の指定に関する様式例の改訂等について」(令和4年11月29日) →標準様式例の掲載場所(厚生労働省ホームページ) https: