• 事務局

10月から、マイナンバーカードのメリットが拡大しています!

令和3年10月から、マイナンバーカードのメリットが拡大していますのでご紹介します。


1.マイナンバーカードが健康保険証として使えます

①マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには申込が必要です。利用申込はマイナポータルやセブン銀行のATM、医療機関・薬局の顔認証付カードリーダーで申込ができます。

②マイナンバーカードのICチップには、受診歴や薬剤情報などの個人情報は記録されません。ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づけられることはありません。

09_チラシ「健康保険証利用の申込みはセブン銀行ATMで!」
.pdf
Download PDF • 1.14MB

2.より良い医療の受診や自身の健康管理に役立ちます

マイナポータルで、薬剤情報や特定健診情報が確認できます。

②本人が同意をすれば、初めての医療機関でも、特定健診情報や今までに使った薬剤情報が医師等と共有でき、より適切な医療が受けられるようになります。



3.医療費控除の鉄づ位や限度額を超える支払の手続きが簡単に

マイナポータルで、医療費通知情報の閲覧や、医療費控除の手続きで医療費通知情報の自動入力が可能となります。

②限度額適用認定証がなくても、高額医療費制度における限度額を超える支払が免除されます。


4.マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種頌栄所(電子版)が取得できるようになります 

10_チラシ「新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになります」
.pdf
Download PDF • 119KB




※1~4の詳細








タグ:

最新記事

すべて表示

当協会の黒松基子副会長も参加していた「生活援助従事者研修に関する調査研究事業」の成果物が公表されました。 ●リーフレット 「生活援助従事者研修のご案内~あなたの経験、介護のお仕事や地域に活かしませんか~」 ●ガイドブック 「生活援助従事者研修の実施に関するガイドブック~介護人材の裾野の拡大と地域の支え合い活動の推進に向けて~」 ●報告書 「生活援助従事者研修に関する調査研究事業 報告書」 本件の詳

※訪問介護に関係にする内容です※ 従来の「介護職員処遇改善加算」・「介護職員等特定処遇改善加算」に加え、令和4年10月の介護報酬改定かにより導入される「介護職員等ベースアップ等支援加算」の事務処理の整理や詳細、様式が公開されました。 〇「介護職員処遇改善加算」(処遇改善加算) ・平成24年度~ ・介護職員の賃金改善に充てることを目的に創設 ・キャリアパス要件の記載が必要   等 〇「介護職員等特定

厚生労働省では、介護サービス施設・事業所の経営状況を把握するために「令和4年度介護事業実態調査(介護事業経営概況調査)」を実施しています。 本調査結果の内容をもとに、次期介護報酬改定の方針を協議する「社会保障審議会介護給付費分科会」等の資料が作成される重要な調査となっています。 調査対象となる介護保険施設・事業所に対し、調査票が送られていますので、調査票が届きました事業所様は、回答のご協力をお願い