• 事務局

10月から、マイナンバーカードのメリットが拡大しています!

令和3年10月から、マイナンバーカードのメリットが拡大していますのでご紹介します。


1.マイナンバーカードが健康保険証として使えます

①マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには申込が必要です。利用申込はマイナポータルやセブン銀行のATM、医療機関・薬局の顔認証付カードリーダーで申込ができます。

②マイナンバーカードのICチップには、受診歴や薬剤情報などの個人情報は記録されません。ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づけられることはありません。

09_チラシ「健康保険証利用の申込みはセブン銀行ATMで!」
.pdf
Download PDF • 1.14MB

2.より良い医療の受診や自身の健康管理に役立ちます

マイナポータルで、薬剤情報や特定健診情報が確認できます。

②本人が同意をすれば、初めての医療機関でも、特定健診情報や今までに使った薬剤情報が医師等と共有でき、より適切な医療が受けられるようになります。



3.医療費控除の鉄づ位や限度額を超える支払の手続きが簡単に

マイナポータルで、医療費通知情報の閲覧や、医療費控除の手続きで医療費通知情報の自動入力が可能となります。

②限度額適用認定証がなくても、高額医療費制度における限度額を超える支払が免除されます。


4.マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種頌栄所(電子版)が取得できるようになります 

10_チラシ「新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになります」
.pdf
Download PDF • 119KB




※1~4の詳細








タグ:

最新記事

すべて表示

介護職員1人当たり月額9,000円の賃上げに相当する額(令和4年2月~9月分)が補助される「介護職員処遇改善支援補助金」。 この決定を受け、2月からの賃金アップについて検討・準備をされている事業所が多いことと思います。 しかし、賃金を上げた後、9月以降はどうなるの?という声もありました。 この件について、令和4年10月以降も「臨時の報酬改定を行い、収入を3%程度(月額平均9,000円相当)を引き上

これまで、布製マスクの配布を希望する方は、提出様式に必要事項を記入し、メール添付で申請することとされていましたが、より簡易に申し出ていただけるよう「専用フォーム」や「電話」で申請できるようになりました。 布製マスクは、「介護施設等」(訪問介護事業所も対象)、「個人」(日本国内に居住する方)のうち、希望する方に配布されます。 詳細や専用フォームはこちら(厚生労働省ホームページ) 本件の詳細

1月7日に「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更され、緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域に指定された都道府県等は、「集中的実施計画を策定し、感染多数地域の高齢者施設等の従業者等に対する検査の頻回実施を行う」とされました。 これを踏まえ、厚生労働省が、今後、緊急事態措置区域またはまん延防止等重点措置区域に指定された都道府県、市、特別区等における検査(PCR検査、抗原定量検査等