• 事務局

高齢者施設の従事者等の集中的実施計画による検査の積極的な受検について

高齢者施設の従事者等の検査については、「高齢者施設の従事者等の検査の徹底について(要請)」(令和3年2月4日付厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部)において、特定都道府県に対し、集中的実施計画の策定・実施を求めているところです。


新型コロナウイルス感染症の感染状況については、高齢者施設でのクラスター発生は継続しており、引き続き、高齢者施設における感染拡大防止対策の推進が重要となっています。


また、今後、再拡大の防止とともに次の波に備えた対応を行うことが重要であり、具体的な取組の1つとして、感染リスクに応じた積極的な検査による早期探知が必要とされているところ、集中的実施計画の実施にあたり、可能な限り積極的に受検を希望いただくよう、「高齢者施設の従事者等の集中的実施計画による検査の積極的な受検について」(令和3年3月16日付厚生労働省健康局結核感染症課ほか連名事務連絡)を別紙のとおり埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県等衛生主管部(局)等に送付し、管内施設への周知等をお願いしているところです。


自治体によって集中的実施計画の対象施設等は異なっておりますので(別添参照)、貴会におかれては、別紙の内容について御了知いただき、各自治体の介護保険部局とも連携の上、希望施設の検査が適切に行われるよう、上記10都府県の貴会会員に対する周知を行う等の適切なご対応をお願いします。

(別紙)210316 集中的実施計画の積極受検
.pdf
Download PDF • 1000KB

(別添)自治体ごとの対象施設種別
.pdf
Download PDF • 403KB

タグ:

最新記事

すべて表示

コロナ禍における訪問介護の外出の留意点について、「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点(その2)(一部改正)」(令和2年10月15日事務連絡)の廃止について

これまで、訪問介護の新型コロナウイルス感染症の対策においては、 「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点(その2)(一部改正)」(以下、「令和2年10月15日事務連絡」という)による対応を基本とすることが、厚生労働省の様々な通知で周知されていましたが、令和3年11月24日に厚生労働省が関係団体に通知した「社会福祉施設等における面会等の実施にあたっての留意点」(事務連絡)の中で、「令和2年

介護保険最新情報vol1021 感染症対策のための実地での研修に係る令和3年度における第五次募集について(募集期間:11/22~12/8)

厚生労働省では、介護保険施設又は事業者(以下「施設等」)での新型コロナウイルス感染症の感染予防、拡大防止のため、感染症の専門家を施設等に派遣し、感染対策の指導や助言(実地での研修)を行っています。 (実施主体は、厚生労働省が委託した日本能率協会総合研究所です) その内容は、施設等の現状の感染対策への助言や個人防護具の着脱の実演・演習・指導、また実際に感染疑い等が発生した場合の当該施設での対応方法等

介護保険最新情報vol1020 「介護予防・日常生活支援総合事業のガイドラインについて」及び「介護予防・日常生活支援総合事業における介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)の実施及び

介護予防手帳の活用について」の一部改正について この度、以下の資料の改正がありましたのでお知らせします。 ●「介護予防・日常生活支援総合事業ガイドライン」(平成27年6月5日 老発0605第5号) ・事業の対象者に継続利用要介護者を追加 ・就労的活動支援コーディネーターの配置を追記 ・単位を「上限」⇒「勘案」に見直し ・「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会取りまとめ」(令和元年12月13日