高齢者施設における新型コロナ予防接種の実施に係る留意事項について

高齢者への新型コロナ予防接種につきましては、

「「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き」の改訂について」等においてお示ししているところです。

また、今般「新型コロナ予防接種の間違いの防止について」が別添のとおり発出されました。


高齢者施設においては、複数の入所者に対して同日に施設内で接種が行われることが想定されるため、特に、接種に際して本人確認を徹底するようお願いいたします。職員と接種対象者は顔なじみであることから、視認のみで確認するのではなく、例えば、接種券及び予診票を用いて接種対象者であることや新型コロナ予防接種歴を確認する、接種対象者と非接種対象者が混在しないよう接種を行う区域を明確にするとともに、接種時に予診票や接種予定者リスト等で確認する、予診票を接種対象者の手元におき接種終了時に回収する等により、接種従事者は接種を行う際に接種対象者で


あることを確実に確認するようお願いいたします。

別添 「新型コロナ予防接種の間違いの防止について」(令和3年5月7日付け厚生労働省健康局健康課予防接種室事務連絡)

【事務連絡】高齢者施設における新型コロナ予防接種の実施に係る留意事項について
.p
Download P • 367KB

最新記事

すべて表示

介護保険最新情報vol.990「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第 23 報)」

※訪問介護に関する取扱いが掲載されています。 問 「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き(3.1 版)」(令和3年6月4日改訂)において、「接種実施医療機関の医師が接種 後も継続して被接種者の自宅で経過観察するほか、家族や知人、利用している サービス(訪問介護、訪問看護等)等により、一定時間、被接種者の状態を見 守り、体調に異変があった際に、接種を行った医療機関等に連絡し、適

【周知】「福祉避難所の確保・運営ガイドライン」の改定等について

先般、内閣府における「令和元年台風第19号等を踏まえた高齢者等の避難に関するサブワーキンググループ」において、福祉避難所の課題と対応の方向性が議論され、令和2年12月24日に最終のとりまとめがなされました。 高齢者や障害のある方等については、福祉避難所でない避難所で過ごすことに困難を伴うことがあるため、一時避難所への避難が難しい場合があるとの指摘があり、平素から利用している施設へ直接に避難したいと