top of page
  • 事務局

高齢者施設における新型コロナ予防接種の実施に係る留意事項について


高齢者への新型コロナ予防接種につきましては、

「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き」の改訂について」等においてお示ししているところです。

また、今般「新型コロナ予防接種の間違いの防止について」が別添のとおり発出されました。


高齢者施設においては、複数の入所者に対して同日に施設内で接種が行われることが想定されるため、特に、接種に際して本人確認を徹底するようお願いいたします。職員と接種対象者は顔なじみであることから、視認のみで確認するのではなく、例えば、接種券及び予診票を用いて接種対象者であることや新型コロナ予防接種歴を確認する、接種対象者と非接種対象者が混在しないよう接種を行う区域を明確にするとともに、接種時に予診票や接種予定者リスト等で確認する、予診票を接種対象者の手元におき接種終了時に回収する等により、接種従事者は接種を行う際に接種対象者で


あることを確実に確認するようお願いいたします。

別添 「新型コロナ予防接種の間違いの防止について」(令和3年5月7日付け厚生労働省健康局健康課予防接種室事務連絡)



【事務連絡】高齢者施設における新型コロナ予防接種の実施に係る留意事項について
.pdf
Download PDF • 367KB

最新記事

すべて表示

高齢者施設等における令和5年秋開始接種進捗状況の実態調査 ② の 結果 及び令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種について

本情報のうち、令和6年度以降の新型コロナワクチンの接種についてお知らせいたします。 【接種の対象者】 令和6年度以降に行う定期接種の対象者は、65歳以上の高齢者とともに、比較的疾病負荷の高い60歳から64歳までについても、一定の基礎疾患を有する者の重症化リスクも国旅することとし、その対象者については、予防接種法上、重症化予防を目的とした接種を行う季節性インフルエンザワクチン等における接種の対象者と

bottom of page