• 事務局

介護予防・日常生活支援総合事業のガイドライン(案)

厚生労働省老健局振興課 ​ 「介護予防・日常生活支援総合事業」は、市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することにより、地域の支え合いの体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すものです。 ​ 現在の予防給付に代わり導入されるもので、平成29年4月からの全市町村での全面移行を予定しています。 ・介護予防・日常生活支援総合事業ガイドライン案(概要)介護予防・日常生活支援総合事業のガイドライン(案)全体版